二輪車を運転する時に

二輪車で安全運転を行うには、走行中に体で安定を保ちながら走行することです。停止した時にはその安定感が失われてしまうのが四輪車の運転の時との違いになり、四輪車とは違った運転技術が必要になってきます。

服装もそれなりに運転の妨げにならない格好が望ましく装着するものは必ずつけること、走行中に手袋やブーツの着用で運転しやすい格好を心掛けます。

また車種に関しては自分の体格に合ったものを選びます。二輪にまたがった時に両脚のつま先が地面に届くくらいの大きさの車種が望ましいです。

乗車した時に二輪と自分の体が一体化出来るような正しい姿勢をとります。

2人乗りも出来ますが後部席のない車種や原動機付自転車の運転をする時は2人乗りは禁止されています。

また2人乗りの可能な車種であっても大型二輪免許や普通二輪免許を取得して1年を経過していない者の運転では2人乗りが出来ないこととなっています。

年齢にも制限があり20歳未満が運転する二輪への2人乗りは出来ません。

高速道路を通行する際にも制限があり大型二輪免許や普通二輪免許を取得したもので3年経過した者が運転する二輪での2人乗りは出来ますが、3年未満のものが運転する二輪では出来ません。

コメントは受け付けていません。