交通ルール違反への罰則について

車は便利な道具ですが、使い方を間違えるなら凶器となります。2トンくらいの鋼鉄の物体が数十キロで走っているのですから、その物体にぶつかれたなら人間の肉体などひとたまりもありません。ですから、車を運転するときに慎重に慎重を重ねた注意力が求められます。車06

それでも危険な運転をしてしまうのが人間という生き物の悲しいところです。ですから、法律で罰則を決めています。

その罰則が近年特に厳しくなっているのが飲酒運転に関してです。厳しくはありますが、車の凶暴性を認識するなら飲酒をして運転することに対しては当然という考えが主流になっています。

飲酒に対する厳しさは当然としても、そのほかのちょっとした違反もできるなら避けるのが当然です。ですが、現実の場面では理想どおりにいかないこともあります。

例えば、駐車やスピードに関しては「つい」という気持ちで法律を犯すことがままあります。

このように現実の中では法律を完全に守ることは難しいですが、それでも法律遵守は運転者の義務です。そして、注意が必要なのは免許停止という処分があることです。

運転関連の仕事に従事している人は特に注意が必要です。もし免許停止処分を受けてしまったなら、死活問題になるからです。

そうならないためには減点の点数を知っておくことも大切です。

コメントは受け付けていません。