交通マナーを守ることの重要性

自動車を運転するには法律を守ることが基本となりますが、法律を守ること以外にも様々なマナーがあります。

法律を守っていてもマナーが悪ければ正常な道路交通は実現しませんし、事故の発生原因になってしまうのです。

マナーといえば社会人としてのマナーもありますしビジネスマナーもありますが、基本的には相手を思いやる気持ちとなります。道路02

車を運転する際には回りを考えず自分勝手な行動をすれば事故に繋がりやすいのです。車が近づいているにもかかわらず道路に飛び出してみたり、危険な進路変更をするなどマナーの悪さが影響した事故も多いのです。

法律では急な飛び出しや無理な進路変更を規制していませんので、運転者のモラルが問われる内容となります。

交通事故は全ての人が同じ考え方で同じ運転技術があれば殆ど起こらないのが普通です。これは自動運転技術の理論から分かることですが、一部の人間が無理な運転や自分勝手な行動をとることで事故が起こるのです。

事故を防ぐには法律を守った運転をすることが基本となりますが、法律で規定されていない部分に関しては運転者の心ひとつとなるのです。で

すから、法律を守るとともに交通マナーを遵守し安全運転を心がける必要があるのです。

コメントは受け付けていません。