高速道路走行中に注意するべきこと

高速道路というのはスピードが非常に速いという以外は、直線が続くため慣れてしまえば特に運転が難しいということはありません。

しかし、スピードが出ているだけに注意すべき点というのもいくつかあります。

まず一つ目は、車間距離を十分に開けるということです。

直線が続き見通しも良いためついつい車間距離が詰まってしまいがちですが、スピードが出ているだけに万が一の事故があった場合、十分な車間距離がなければ回避するのが難しくなってしまいます。

また、意識せずに車間が詰まってしまうこともあるだけに意識的に車間距離をとるようにしましょう。

次に、一定のスピードで走行をするように心がけましょう。
常に同じような景色が続くため、同じ速度で走っていると思っていても微妙な上り坂や微妙な下り坂で、加減速が発生していたりするものです。

そのようなことを繰り返していると、前後の車間に変化が現れ渋滞の原因となってしまうだけに注意が必要です。

そして、最後に眠気に注意をする必要があります。

真っ直ぐの道が続き特に景色の変化も少ないだけに、スピードに対して眠気が強くなってしまうこともありますが、その点には特に気をつけ眠くならないように事前にお茶やコーヒーを摂取しておくなどしておきましょう。

コメントは受け付けていません。