子供・高齢者を事故から守る

交通事故の犠牲者として多いのが、子供や高齢者です。交通事故から身を守るために、こういった人達に向けて、公共機関や免許センターなどでは啓蒙活動を行っています。

学校では交通ルールの重要性を説くため、交通安全委員会などが行事を行っています。

これは交通事故による犠牲者を少しでも減らすための努力です。急な飛び出しはしない、横断歩道を渡るなどの基本ルールや、交通安全についての映像の鑑賞会などを行い、交通ルールについての教育を行っています。

高齢者は、歩行者として、または運転者として事故に合う可能性があります。お年寄りは若いころと違い、運動神経などが衰えており、注意が必要です。衰えを自覚し、新たな気持ちで交通ルールを再確認することが大事になるでしょう。

また、こういった方々は予想しない動きをとることがあります。そういったことを念頭に置き、自動車を運転することが必要になります。

例えば、お年寄りが道を歩いていたとしたら、もしかしたら急に飛び出してくるかもしれないという、いわゆる、かもしれない運転をすることにより、事故を防ぐことができるかもしれません。

車の運転をする際には注意を払い、事故を起こさないよう心掛けることが、他人を守ることになるのです。

コメントは受け付けていません。