自動車事故と意識

自動車の事故では、いろいろなパターンがあります。車同士、車とバイク、車と自転車、車と歩行者などといった、その場面場面で状況が異なってきます。その中で、対応をしていかなければなりません。

よくいわれるのが、車に乗らないような人で、自転車や歩行者の場合では、その感覚が違うということです。

自動車の運転をする人であれば、どのような自転車の乗り方をすると、危ないとか邪魔だとかということがわからないものです。

横断歩道をゆっくり歩く歩行者がいて、左折をしようとする車では、歩行者を優先にしなければと思いながら、後ろの車が気になったりするものです。

そういったときに車を運転するような歩行者では、運転者の気持ちがわかるので、素早く渡ろうとします。

これは意識や経験の違いがあるのです。
交通事故に遭った場合には、双方の過失が問われます。完全に停車している状態では、10対0というようになるでしょうが、そうでないと、悪気がなくても自分に多少なりとも過失があることになってしまうのです。

ともかく、どのようなパターンであっても、交通ルールを守り、事故に遭わないように意識して毎日を送りたいものです。事故は、命を落とす可能性のある恐ろしいものなのです。

コメントは受け付けていません。