‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

交通ルール違反への罰則について

2014/09/19

車は便利な道具ですが、使い方を間違えるなら凶器となります。2トンくらいの鋼鉄の物体が数十キロで走っているのですから、その物体にぶつかれたなら人間の肉体などひとたまりもありません。ですから、車を運転するときに慎重に慎重を重ねた注意力が求められます。車06

それでも危険な運転をしてしまうのが人間という生き物の悲しいところです。ですから、法律で罰則を決めています。

その罰則が近年特に厳しくなっているのが飲酒運転に関してです。厳しくはありますが、車の凶暴性を認識するなら飲酒をして運転することに対しては当然という考えが主流になっています。

飲酒に対する厳しさは当然としても、そのほかのちょっとした違反もできるなら避けるのが当然です。ですが、現実の場面では理想どおりにいかないこともあります。

例えば、駐車やスピードに関しては「つい」という気持ちで法律を犯すことがままあります。

このように現実の中では法律を完全に守ることは難しいですが、それでも法律遵守は運転者の義務です。そして、注意が必要なのは免許停止という処分があることです。

運転関連の仕事に従事している人は特に注意が必要です。もし免許停止処分を受けてしまったなら、死活問題になるからです。

そうならないためには減点の点数を知っておくことも大切です。

違反運転をなくすことの重要性

2014/09/19

お車を運転されている方であれば、交通ルールや交通マナーなどを守って運転しなければならないことは言うまでもありません。

また、お車という乗り物は一瞬で凶器に変わってしまう乗り物は知ってのとおりなのですが、そんなこととは裏腹に違反運転などを行う方が増えていることも事実なのです。

それでは、どうして交通ルールや交通マナーを守って運転しなければいけないのでしょうか?それは、全く関係のない人やきちんと守れている人まで巻き込んでしまうからなのです。

よく耳にするのが、飲酒運転を行い全く関係のない人を車でひいてしまって亡くならせるといった事故なのです。

これは亡くなった人はもとより、その家族、友人、恋人など憤りを覚え、複数の人が悲しみと苦しみに変わってしまうのでしょう。

しかし、この飲酒運転を行っていなければ避けられたケースなどは無数に存在するのでしょう。だから、お車という乗り物は一瞬で凶器に変わってしまう恐ろしい乗り物となってしまうのです。

ですから、過去に起きている無数に存在する交通事故は、交通ルールや交通マナーをきちんと守れていたら避けられた交通事故はたくさんあるのでしょう。

しかし、交通事故は避けられないケースもありますので、決して他人事ではないということなのです。

交通マナーを守ることの重要性

2014/09/19

自動車を運転するには法律を守ることが基本となりますが、法律を守ること以外にも様々なマナーがあります。

法律を守っていてもマナーが悪ければ正常な道路交通は実現しませんし、事故の発生原因になってしまうのです。

マナーといえば社会人としてのマナーもありますしビジネスマナーもありますが、基本的には相手を思いやる気持ちとなります。道路02

車を運転する際には回りを考えず自分勝手な行動をすれば事故に繋がりやすいのです。車が近づいているにもかかわらず道路に飛び出してみたり、危険な進路変更をするなどマナーの悪さが影響した事故も多いのです。

法律では急な飛び出しや無理な進路変更を規制していませんので、運転者のモラルが問われる内容となります。

交通事故は全ての人が同じ考え方で同じ運転技術があれば殆ど起こらないのが普通です。これは自動運転技術の理論から分かることですが、一部の人間が無理な運転や自分勝手な行動をとることで事故が起こるのです。

事故を防ぐには法律を守った運転をすることが基本となりますが、法律で規定されていない部分に関しては運転者の心ひとつとなるのです。で

すから、法律を守るとともに交通マナーを遵守し安全運転を心がける必要があるのです。

高速道路走行中に注意するべきこと

2014/09/19

高速道路というのはスピードが非常に速いという以外は、直線が続くため慣れてしまえば特に運転が難しいということはありません。

しかし、スピードが出ているだけに注意すべき点というのもいくつかあります。

まず一つ目は、車間距離を十分に開けるということです。

直線が続き見通しも良いためついつい車間距離が詰まってしまいがちですが、スピードが出ているだけに万が一の事故があった場合、十分な車間距離がなければ回避するのが難しくなってしまいます。

また、意識せずに車間が詰まってしまうこともあるだけに意識的に車間距離をとるようにしましょう。

次に、一定のスピードで走行をするように心がけましょう。
常に同じような景色が続くため、同じ速度で走っていると思っていても微妙な上り坂や微妙な下り坂で、加減速が発生していたりするものです。

そのようなことを繰り返していると、前後の車間に変化が現れ渋滞の原因となってしまうだけに注意が必要です。

そして、最後に眠気に注意をする必要があります。

真っ直ぐの道が続き特に景色の変化も少ないだけに、スピードに対して眠気が強くなってしまうこともありますが、その点には特に気をつけ眠くならないように事前にお茶やコーヒーを摂取しておくなどしておきましょう。

子供・高齢者を事故から守る

2014/09/19

交通事故の犠牲者として多いのが、子供や高齢者です。交通事故から身を守るために、こういった人達に向けて、公共機関や免許センターなどでは啓蒙活動を行っています。

学校では交通ルールの重要性を説くため、交通安全委員会などが行事を行っています。

これは交通事故による犠牲者を少しでも減らすための努力です。急な飛び出しはしない、横断歩道を渡るなどの基本ルールや、交通安全についての映像の鑑賞会などを行い、交通ルールについての教育を行っています。

高齢者は、歩行者として、または運転者として事故に合う可能性があります。お年寄りは若いころと違い、運動神経などが衰えており、注意が必要です。衰えを自覚し、新たな気持ちで交通ルールを再確認することが大事になるでしょう。

また、こういった方々は予想しない動きをとることがあります。そういったことを念頭に置き、自動車を運転することが必要になります。

例えば、お年寄りが道を歩いていたとしたら、もしかしたら急に飛び出してくるかもしれないという、いわゆる、かもしれない運転をすることにより、事故を防ぐことができるかもしれません。

車の運転をする際には注意を払い、事故を起こさないよう心掛けることが、他人を守ることになるのです。

走行中の自転車に注意

2014/09/19

車を運転しているときに、自転車は想像以上に見えないためにヒヤリとしたり、実際に巻き込んでしまって事故になってしまうことが多くあります。

特に、左折をするときに、自分の左側を走っていることに気がつかずに巻き込み事故を起こしてしまう可能性が非常に高いものがあります。

同じ進行方向で巻き込むこともあれば、相手側が右側通行(本当は相手側も違反走行をしている)で入ってきてぶつかったりと、予測のしにくい動きをするので、道路の幅が狭く通行量が多いところや学校の近くなどは非常に緊張を強いられるものがあります。gf0110053994l

学校の近くも、特に高校の場合は高校生が無茶な運転をしていることが多く、できることなら最初からその近辺は登下校の時間帯は避けたいと思うことも多くあります。

このようなときこそ、「反対車線を逆走してくるかも」「突然飛び出してくるかも」という悪いほうの予想を想定しながら走るべき場所となります。

どう考えても相手のほうが弱いですし、予測できない動きをするのも事実です。

それでも、車を運転する側はその最悪の可能性をちゃんと意識して、危険ならスピードを落として通るなど、やれることをしっかりやって安全を確保する必要があります。

二輪車を運転する時に

2014/09/19

二輪車で安全運転を行うには、走行中に体で安定を保ちながら走行することです。停止した時にはその安定感が失われてしまうのが四輪車の運転の時との違いになり、四輪車とは違った運転技術が必要になってきます。

服装もそれなりに運転の妨げにならない格好が望ましく装着するものは必ずつけること、走行中に手袋やブーツの着用で運転しやすい格好を心掛けます。

また車種に関しては自分の体格に合ったものを選びます。二輪にまたがった時に両脚のつま先が地面に届くくらいの大きさの車種が望ましいです。

乗車した時に二輪と自分の体が一体化出来るような正しい姿勢をとります。

2人乗りも出来ますが後部席のない車種や原動機付自転車の運転をする時は2人乗りは禁止されています。

また2人乗りの可能な車種であっても大型二輪免許や普通二輪免許を取得して1年を経過していない者の運転では2人乗りが出来ないこととなっています。

年齢にも制限があり20歳未満が運転する二輪への2人乗りは出来ません。

高速道路を通行する際にも制限があり大型二輪免許や普通二輪免許を取得したもので3年経過した者が運転する二輪での2人乗りは出来ますが、3年未満のものが運転する二輪では出来ません。

自動車を運転する時に

2014/09/19

自動車は目的地に素早く快適に移動するには最適な道具となりますが、同時に交通事故を起こしたり事故に巻き込まれる危険性を常に持っています。

最近では誰もが車を所有する時代となり、音楽を聴きながら運転することも可能ですし、レジャーのアイテムとして活用することも可能です。

しかし常に事故と隣り合わせの状況で走行していると言う意識を持つことが大切だと言えます。交通事故は一瞬の気の緩みが引き起こすことがほとんど占めるという特徴があります。車03

僅かな時間のよそ見でも、走行スピードに応じて車はどんどん進んでいきますので、時すでに遅しと言った状態が起こるのです。自分だけは事故を起こさないと言う自信満々な人も中にはいますが、交通事故は絶対に避けられないケースもあります。

不意に対向車線から予期せぬタイミングで車が飛び出してくる可能性は無いとは言い切れませんので、運転に自身があっても絶対に避けられない事故に巻き込まれる可能性はあるのです。

交通事故は運転者の意識やマナーが原因となるものですから、自分勝手な行動は慎む必要があります。

自分だけが良ければ良いと言う運転では周囲に負担をかける事になり、結果的に事故に結びついてしまうため、思いやりの心と運転に集中することが大切なのです。

自動車事故と意識

2014/09/02

自動車の事故では、いろいろなパターンがあります。車同士、車とバイク、車と自転車、車と歩行者などといった、その場面場面で状況が異なってきます。その中で、対応をしていかなければなりません。

よくいわれるのが、車に乗らないような人で、自転車や歩行者の場合では、その感覚が違うということです。

自動車の運転をする人であれば、どのような自転車の乗り方をすると、危ないとか邪魔だとかということがわからないものです。

横断歩道をゆっくり歩く歩行者がいて、左折をしようとする車では、歩行者を優先にしなければと思いながら、後ろの車が気になったりするものです。

そういったときに車を運転するような歩行者では、運転者の気持ちがわかるので、素早く渡ろうとします。

これは意識や経験の違いがあるのです。
交通事故に遭った場合には、双方の過失が問われます。完全に停車している状態では、10対0というようになるでしょうが、そうでないと、悪気がなくても自分に多少なりとも過失があることになってしまうのです。

ともかく、どのようなパターンであっても、交通ルールを守り、事故に遭わないように意識して毎日を送りたいものです。事故は、命を落とす可能性のある恐ろしいものなのです。