交通安全対策特集

日頃の生活の中で、交通安全に努めることは大切なことです。いろいろな立場から考えて見ましょう。

まず、車を運転する人では、歩行者や自転車などを保護するような運転をしましょう。ダイヤのマークが道路に出ていたら、横断歩道が近くにあるということです。

ですから、注意をしながら徐行をして、横断歩道に人が立っていたら、停まるようにしましょう。
}PgžxQ
わかっていながら、停まらないでいると、違反の対象になるので、パトカーに見つかったら、罰金になります。

次に、車の追い越しです。複数車線がある場合には、通常右車線が追い越し車線になります。左から追い越しをかけて、くねくねと追い越していくのは危険です。気をつけるようにしましょう。

次に自転車の交通ルールです。日本では、自動車は左側通行になります。同様に、自転車も左側を走行するようにしましょう。そして、スマホをしたり、音楽を聴きながらの運転は危険です。絶対にしないようにしましょう。

また、信号が変わりそうなときに、自転車のスピードを上げて通過するのも危険です。人が歩く歩道を自転車で走るのも、避けたいものです。大きな事故につながることもあるのです。

このように、普段から交通に気をつけるようにしましょう。